ホーム

脱毛クリームの使い方

読了までの目安時間:約 2分

脱毛クリームの使い方は、どのようにすればいいのでしょう。使い方は簡単で、ムダ毛の気になる部分に塗っていくだけです。かみそりのように毛を剃ったり、毛抜きのように引き抜くことなく、皮膚の表面から出ている部分の毛をアルカリ性の薬剤で溶かしていきます。毛を溶かすので、かみそりで剃った後のように次に生える毛が黒く太く目立つという心配がありません。ただ、毛を溶かすぐらいの強い薬剤なので、使う前には必ずパッチテストをする必要があります。そうしないと、使用後にかゆみを覚えたり、赤くかぶれてしまう危険性があります。また、アルカリ性の薬剤なので、脱毛クリームを使う時は、換気をしっかり行なうことです。かみそりや毛抜きでの自己処理は、どうしても皮膚を傷めるリスクがあります。その点、脱毛クリームの場合、塗って毛を溶かしていくので、痛みもなく短時間できれいにムダ毛処理ができます。脱毛クリームは、皮膚が丈夫な人であればダメージは少なく、処理後の皮膚はつるつるになる効果が得られます。短時間できれいにムダ毛を処理することができます。1回の処理ではつるつる肌を持続するのは難しいですが、即効性があるので便利な脱毛方法です。

脱毛の自己処理のメリット・デメリット

読了までの目安時間:約 2分

ムダ毛を処理する時、現在は専門のお店も多くありながらもクリニックや美容外科もありますので、通いながら脱毛することもできます。しかし中には、時間を好きなように使えず簡単に処理することができるようにと、自己処理派の人も少なくはないです。カミソリや脱毛クリームやワックスなど身近な道具を用いてムダ毛の処理をした場合、皮膚の表面に細かい傷が出ることでおきる皮膚感染や、お肌がより乾燥しやすくなりますのでケアを怠ってしまいますと皮膚炎を起こしやすくなります。また皮膚の奥から熱がこもり、取らないと皮膚が赤くなってしまうこともありますので、お肌が弱い人ほど自己処理のケアが念入りにしておきましょう。自己処理のデメリットは主にお肌に関するトラブルが多いですが、メリットといえば道具さえあれば簡単に処理することができますので、時間に関わらず自宅でサクッと脱毛することができます。また専門のスタッフによる営業トーク、中には扱っている化粧品や別のコースを勧誘しているお店もあり、日ごろ仕事や友達以外の人と関わりたくないという人も、自宅で脱毛すればすむので自己処理派のメリットともいえますね。

脱毛が家でできるケノン

読了までの目安時間:約 2分

脱毛が家でできるケノンはおすすめです。数ある脱毛器の中で、ケノンは抜群の人気があり、多くの人が使用しています。家で気軽にフラッシュ脱毛が出来るのがケノンなのです。女性なら、ワキやスネ毛、腕の毛は、キレイにしておきたいものです。でも、脱毛サロンに通うとなると高額で通うのも大変です。そんな時、ケノンがおすすめで、自宅で簡単に、本格的なフラッシュ脱毛ができます。ケノンが人気なのは、1ショットたった0.15円で、世界最大の50,000発の照射が可能だからです。しかも照射面積は、3.5×2.5センチと世界最大を誇っています。ケノンは、お肌の強さに応じて1発から最大6連射が可能で、カードリッジの残りの照射数がひと目でわかるのでとても便利です。おまけに脱毛器としてだけでなく、美顔器としても使用でき、眉用の脱毛器までついてきます。脱毛が家でできるケノンは、自動照射モードなのでスライドするだけで簡単に脱毛ができます。また、直接肌に触れる部分は樹脂を使用していて、熱くなりにくいので肌を守ってくれます。これなら、金属アレルギーの人でも安心して使用できます。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報